スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ELVF

ソシオニクスのコミュニティには、自分の欲望に注意を向け、長時間にわたって議論することができる一方で、自分の体や人間関係に気付かない感情的な人々が「ハムレット」のタイプに属するという偏見がある。しかし、ほとんどの場合、これらの人々は単にサイコソフィアにおける「アンデルセン」タイプの代表者である。 アンデルセンはロマンチックである。彼らは自分たちの経験、気持ち、感情の世界に住んでいる。このタイプが持つこの側面の強みは、彼らが自身に起こっている出来事を知覚する深い感度である。アンデルセンは、鳥のさえずり、航空している飛行機、彼らの気持ち、人々や世界一般に対する態度など、周囲のどんなことについてでも長い間、話すことができる。そのような人と話した後、もちろん信頼を持ってELVFを扱うならば、あなたはこの人物がどんな気分であるかを即座に理解することができる:顔に浮かぶ笑顔-幸福、もの悲しい目-動揺。 アンデルセンは、自分の欲望が考慮されていないことを他者に説明する方法がわからないので、最も強力な武器である感情をオンにする。ELVFが声を上げたとしても、それは相手を怒らせたいという意味ではない。これはELVFが自分の問題に注意を向ける方法である。当然のことながら、自身のクアドラにおいて、そのような行動は正常であると見なされる。彼らはあなたを理解し、一緒に喪に服し、あなたを養い、あなたの問題について話し合う。もう一つの問題は、アンデルセンが他のクアドラによって構成されるタイプの仲間に加わった場合、このタイプの派手な表現は、適応することへの不本意、自己中心性、ナルシシズムとして知覚される可能性がある。確かに、他の人々にも感情や欲求があることに気づかないことが多々あるのは、ELVFの悪い面である。 アンデルセンが本当に望んでいることを理解するのは極めて難しい。あなた自身が自分の願望を知らなければ、他者にあなたが望むことを伝えるのは困難である。ELVFは、2つの選択肢の間で何日も躊躇して、最終的にはどちらも選択しないことがある。例えば、どこに行くか、何を買うか、何をするかなど。そして、より広範な意味で、これは自己識別の問題に関係している。アンデルセンは、この個人的な資質の組み合わせ(感情への高い注意力と選択の難しさ)のために、一生をかけて自己探求することがあるが、自分自身を見つけることは
最近の投稿

クアドラの継承①

クアドラによる情報の側面の交換は、次のように、進化的で連続的なシーケンスに沿って行われる。 生物学 生態学 歴史 政治、社会 弁証法的条件と社会の変容および進化の法則 I. 生物学的にプログラムされた過程としての進化と深化 進化がプログラムされた過程であるという事実は、DNAの分子構造そのものによって確認される。これは突然変異する能力を備えているだけでなく、そのような突然変異のためにプログラムされているのである。生物の存在条件(外部と内部の両方)、つまり、変化する条件に適応するようにプログラムされている。 生物の存在条件が変化するにつれて、その適応方向も変化する。進化論は何億年もの間、適応プログラムの発達と改善に取り組み、並外れた柔軟性、多様性、そして適応性のための様々な方法と可能性を与えてきた(したがって、変化する環境における全生物の適応と生存が最も明確に進化する方向で、すべての生物の本能的なプログラムに固有の機会の直感の側面が実現される-これは適応して生き残る能力である)。情報プログラムには、既に利用可能な適応性(+Ne)を蓄積および開発する機能と、代替のほとんど使用されていない可能性(-Ne)を使用して、代替の生態的地位(代替可能な生態的地位)を提供する機能の両方が含まれる。 DNA分子の複雑な構造は、生物が最も複雑で多様な条件に適応し適応することを可能にする、無制限の多様な生命体を作り出すようにプログラムされており、これは無数の遺伝子プログラムの突然変異能力によって生成される。 「主なる神がDNA分子だけを創造したとするならば、これは地球上の生命の発達に十分だろう」。突然変異のプログラムは既にDNA分子自体に埋め込まれているため、その複製(自己複製)のプログラム内で「失敗」とエラーが生じることで、タンパク質の組成に様々な変化をもたらし、様々な程度の生存能力を持つ多様な生命体を作り出すことになる。従来の複製(または複製)は全生物の特性であり、新たな(そして既に部分的に変更された)生命体の生成(または複製)を可能にする。 DNAシステムの断絶は、化学代謝の変化の影響下、および宇宙放射線と放射能の影響下でも発生する可能性がある。 理想的な条件下でさえ、物質交換のプロセスそのものが突然変異の原因になる可能性がある。しかし、知られているように、進化は理想的な条件から程

鏡像関係:ILE-LII

導入 他の鏡像関係と同様に、このペアの1つのタイプは合理的で、もう1つのタイプは非合理的である。この場合、両者ともが静的タイプである。これから、2つの静的な価値観の衝突、2つの静的なプログラムの拮抗、合理的なもの(関係の論理)と非合理的なもの(機会の直感)が続く。 自我ブロック:チャンネル1-2 LIIは、ILEが論理的な議論と事実を「ジャグリング」する能力によって、論理を操作することに不満を感じているが、それらを自身の仮説に従属させ、アイデアと概念で会話相手を魅了するだけであればいい。 ILEの側では、LIIの論理的な不活性、アイデアを理論に従属させたいという願望に不満を感じている。理論の優雅さのために、LIIは様々な概念を「ジャグリング」し、それらが自身の理論の論理的一致を損なう場合、いくつかを除外する可能性がある。これはILEが許容できないものである。それらに基づいて他の百万の理論を構築できるのに、1つの理論のためにこれら全てのアイデアをどうして犠牲にすることができるだろう?最も重要なものは何か:仮説か理論か?(何が最初に来るか:鶏が先か卵が先か?) 超自我ブロック:チャンネル3-4 LIIの規範的で礼儀正しい社会規範と行動倫理のルールは、ILEの露骨に「フーリガン」的な倫理と対立する。つまり、ILEの周りで絶えず発生する全ての紛争、スキャンダル、および厄介な状況は、混乱を解決して片づけることをLIIに一任される。このような状況では、LIIの規範的な倫理機能は多くのストレスに晒される。LIIにはある程度の倫理的柔軟性があるが、それでも外交官の役割を果たすことは困難であり、パートナーに自身を抑えるように頼む方が遥かに容易である。LIIは、無意識のうちに、双対ESEの倫理機能を観察することを期待している。したがって、LIIはパートナーが関係を管理および調整し、行動を自分で監督できるべきであることを想定している。 「自分自身を抑制する」という要求に対して、ILEはLIIの観点から非常に不十分に応答する。倫理的状況の複雑化に苦しんでいるILEは、自身の観点から「失敗した」関係を自分の周りで破壊し、他者に「反倫理」を課そうとする。 ILEの側では、LIIの弱腰と従順性、理由の有無にかかわらず論争になることを嫌い、「風車」と戦うことを望まないことに苛立ち、失望を感じている

エニアグラムの性別

私たちは、男性と女性が基本的に(宇宙論的レベルで)どこから由来しているのか、そして世界中の哲学、文化、伝統、宗教がその重要性をどのように認識しているかについて、基本的な理解を探求した。 ここでは、9つのエニアグラムタイプのそれぞれの男性的および女性的な性質を調べた上で、エニアグラムを使用して男性的/女性的レンズを合成する。 9つのエニアグラムタイプは、本能センター(8,9,1)、感情センター(2,3,4)、思考センター(5,6,7)の三つ組みに編成されている。これらの三つ組みにはそれぞれ1つのタイプがある。これが、TrueSelfプロファイルの3タイプの元となるコア構造であり、男性、女性、またはハイブリッドとして識別される各タイプのエニアグラムシンボルである。 出典: TrueSelf 各タイプに次の男性/女性/ハイブリッドのラベルが付けられている理由を、さらに詳しく見ていく。 このシリーズのパート1で説明したように、すべての人間が男性と女性の両方の属性を持っていることを覚えておくことが重要である-したがって、9つのエニアグラムタイプのそれぞれの中で男性/女性の資質を識別しているものの、9つのタイプは男性または女性に限定されているわけでも、男性的および女性的な本質を構成するもの全てを捉えているわけでもない。言い換えれば、非常に男性的なタイプでさえ、女性的な側面を強く発達させることができ、その逆も可能である。 タイプ8—男性的—これは、すべてのエニアグラムタイプの中で最も典型的に男性的なタイプである。タイプ8は戦士の激しい体力を表しており、本能的な衝動に駆られて積極的に行動する際に、現実に意志を押し付けようとする。 タイプ9—ハイブリッド—タイプ9は、非常に典型的な女性エネルギーを持っている。タイプ9は平和、調和、つながりを望んでおり、他の人々のニーズに非常に関係的に調和している。本能センター(8,9,1)は、微妙に男性的な色合いを帯びているため、タイプ9のエネルギーと影響は、関係的に調整されたタイプ2よりも女性的ではない。本能センターに根差す強みと頻繁に表れる頑固な性質は、タイプ9を男性と女性のハイブリッドタイプにする。 タイプ1—男性的—タイプ1は男性的なタイプだが、タイプ8とは異なる。タイプ1は、構造と秩序を内外の世界にもたらしたいと考えているが、その理想に奉仕

EFLV

陽気で前向きな人々。彼らはそのあらゆる現象において人生を愛している。ブハーリンの感情は、その表情、イントネーション、行動にはっきりと表れ、世界に開かれた直接的で信頼できる子供のイメージをもたらす。原則として、ブハーリンは晴れ晴れとした表情と、良く通る声を持っている。 EFLVは、周囲の人々と世界全体に非常に興味を持っている。このタイプは新しい学びを好む。知識習得のプロセスは常にブハーリンを引き付け、このタイプによって評価される。このタイプは多くのことを知っているという事実にもかかわらず、自身の知性に疑問を抱くことが多く、しばしば興味深い、型破りな結論を出す。同時に、EFLVは他の賢い人々を高く評価し、嫉妬することなく彼らを賞賛する傾向がある。羨望、信心深さ、秘密は、一般的にこの心理的タイプの特徴ではない。これは非常に誠実な人物であり、何かが気に入らない場合は、直接はっきりと言う。 さらに、ブハーリンはそのすべての現象が抱く美しさを賞賛している。EFLVは美しい人々、自然の片隅、建物、物事を好む。EFLVは常に相手の外見やスタイルを褒め称え、気分を良くする準備ができている。このタイプの代表者は、自分の観点で見栄えを良くするために、自身の外見を管理しようとする。彼らの趣味は必ずしも一般的に受け入れられているものと一致するとは限らないが、これが彼らを悩ませることはない。EFLVは活発で、健康的なライフスタイルを送る傾向がある。これは彼らが良い気分で、日常活動に十分なエネルギーを得られるようにする。 ブハーリンは、感情をコントロールして他者に適応することが難しいため、優しい人とは言えない。それにもかかわらず、EFLVは常に人々の中にある最良の側面を見ているので、このタイプは最も対立の少ない1つである。このため、EFLVは誰かと論争することに興味がなく、友好的な雰囲気の中で何かを議論する方が遥かに良い。また、ブハーリンは非常に愛嬌があり直接的に振る舞うため、他者がブハーリンに腹を立てたり怒ったりすることも難しい。 EFLVは、社会の中で地位を求めて戦うために、その「厳しさ」を世界に証明する必要はない。このタイプは自分にとって興味深いことを実行し、自身の人生を違った方法で送ることを想定していない。同時に、ブハーリンは親しい人々と自身の趣味を共有することを望んでいる。これは、EF

同一関係:SEE-SEE

生徒が先生を遠くから眺めるという条件下にあるとする。このような不平等な配置では、同じ領域で彼らが並び立つことは困難である。議論の余地のない主導権を求めて努力する、二人の鮮烈で並外れた個性が、閉鎖的な領域に甘んじて閉じ込められることを想像するのは難しい。 彼らのそれぞれが最初に並外れた精神、魅力、そして願望を達成する能力によって同一関係を引き付けた場合、そして彼らの片方に「情報の優位性」があり、あらゆる点で模倣する価値のある素晴らしい人物であることが判明した場合、情報交換が平等になるにつれて、彼らの関係はますます緊張するだろう。 同じ家族の二人のSEEは、同じステージにいる二人の「ディーバ」のようなものである。それぞれが自分の優位性や優越性を主張し、パートナーの成功に異議を唱え、新たな勢力圏を掌握する。このタイプの両パートナーは、一つの地平線上にある二つの太陽のようであり、互いを焼き尽くし、目を眩ませる。彼らは、お互いに自分の優先順位を課そうとする意志と意欲の高い、二人のリーダーである。とりわけ、彼らはお互いを魅了し、好意を与え、騙そうとする二人の強力な倫理的マニピュレーターでもある。 SEEには、絶え間ない感謝、賞賛、畏敬の念が必要である。このタイプは常に自身の成功と成果を示すだろう誰かを必要としている。話すことは何でも聞いてもらう必要がある。SEEにとって重要なのは、自分が無条件に信じられること、最後まで従われること、すべての願いが叶うこと、そして起こりうる間違いについて警告されることである。SEEには「フォロワー」が必要である。このタイプは人々の中で一番になる必要がある。それならば、どうすれば自分と瓜二つな人物と平等なパートナーシップを共有できるだろう。 彼らの影響が及ぶ範囲が広がるほど、このソシオタイプの代表者間の相互作用は円滑さを増す。例として、私たちの国内舞台の三人の主要な芸術家、アーラ・プガチョワ、マーシャ・ラスプーチナ、ホープ・バブキンがどのように勢力圏を分割したかを考えてみるといい。彼女たちは同じソシオタイプ、同じような気質、そしてほぼ同じ芸術的能力を持っている。同時に、それぞれに独自のスタイル、イメージ、ステージの個性があり、それぞれに独自の聴衆がいる。誰が教師で誰が学生であるかを判断するのは困難である。それぞれが日の当たる居場所を獲得し、それぞれ

ENFP:サブタイプ

ENFP-A +リーダー 内向的感情、外向的直観は、このENFPで最も強力に開発された心理機能を実現する。 リーダーは、自分たちが個人的に情熱を注いでいるプロジェクトに取り組むという強い意志を持っている。彼らはお金、認識、名声のためではなく、彼らの情熱のため、自分たちのために物事を行う。彼らは高い目標を設定するが、多大なユーモアとリスクへの耐性によって高い期待とバランスを取る。彼らは笑い、新しい目標やプロジェクトにふざけ混じりにアプローチし、失敗し、その過程で多くのことを学ぶことを期待している。 支配的な機能と補助的な機能が協同する場合、私たちは自発的で、意欲的で、情熱的である。私たちは目標に向かって一生懸命に働き、私たち自身の価値観と道徳に調和して生きる。私たちは自分の内面を信頼している。私たちは間違いを犯したり、混乱したり、問題に遭遇したりする。そして私たちは自分の道について率直で正直である。私たちは学習欲に満ちており、常にあらゆる状況から何を学べるかに目を向けている。 ENFP-T-フォロワー 外向的思考、内向的感覚は、このENFPの最も強力な発達した心理機能を明らかにする。 劣等機能または代替機能でグリップしている人々は、フォロワーのように振る舞う。彼らは、名声、地位、そしてグループにとっての価値について多くを心配している。彼らは自分の行動と決定をそれに合うように調整する。彼らは自分のペルソナやイメージに関心を持っている。彼らは自己批判的で完璧主義である。彼らが間違いを犯し、挑戦と失望を避ける場合、彼らは自分自身に懸命に取り組んでいる。 代替機能および劣等機能が優位である場合、私たちは自身の使命または目的への信頼を失う。私たちは自分が誰であり、何を望んでいるのかについて不安を感じている。代わりに、私たちは他の人々を喜ばせること、または外部の期待に応えようとすることに焦点を合わせている。仕事、家事、そして義務が私たちの人生を引き継ぐ。私たちは仕事と自己改善を非常に重視しているので、人生でほとんど喜びや楽しみを経験しない。 ENFP-A-ファイター 外向的直観、外向的思考は、このENFPで最も強力に開発された心理機能を実現する。 規範や社会の期待に反する孤独なオオカミと独立した精神。彼らは一生懸命に取り組む自身の目標と夢を持っているが、非常に自己批判的な傾向があ