スキップしてメイン コンテンツに移動

鏡像関係:ILE-LII



導入

他の鏡像関係と同様に、このペアの1つのタイプは合理的で、もう1つのタイプは非合理的である。この場合、両者ともが静的タイプである。これから、2つの静的な価値観の衝突、2つの静的なプログラムの拮抗、合理的なもの(関係の論理)と非合理的なもの(機会の直感)が続く。

自我ブロック:チャンネル1-2

LIIは、ILEが論理的な議論と事実を「ジャグリング」する能力によって、論理を操作することに不満を感じているが、それらを自身の仮説に従属させ、アイデアと概念で会話相手を魅了するだけであればいい。

ILEの側では、LIIの論理的な不活性、アイデアを理論に従属させたいという願望に不満を感じている。理論の優雅さのために、LIIは様々な概念を「ジャグリング」し、それらが自身の理論の論理的一致を損なう場合、いくつかを除外する可能性がある。これはILEが許容できないものである。それらに基づいて他の百万の理論を構築できるのに、1つの理論のためにこれら全てのアイデアをどうして犠牲にすることができるだろう?最も重要なものは何か:仮説か理論か?(何が最初に来るか:鶏が先か卵が先か?)

超自我ブロック:チャンネル3-4

LIIの規範的で礼儀正しい社会規範と行動倫理のルールは、ILEの露骨に「フーリガン」的な倫理と対立する。つまり、ILEの周りで絶えず発生する全ての紛争、スキャンダル、および厄介な状況は、混乱を解決して片づけることをLIIに一任される。このような状況では、LIIの規範的な倫理機能は多くのストレスに晒される。LIIにはある程度の倫理的柔軟性があるが、それでも外交官の役割を果たすことは困難であり、パートナーに自身を抑えるように頼む方が遥かに容易である。LIIは、無意識のうちに、双対ESEの倫理機能を観察することを期待している。したがって、LIIはパートナーが関係を管理および調整し、行動を自分で監督できるべきであることを想定している。

「自分自身を抑制する」という要求に対して、ILEはLIIの観点から非常に不十分に応答する。倫理的状況の複雑化に苦しんでいるILEは、自身の観点から「失敗した」関係を自分の周りで破壊し、他者に「反倫理」を課そうとする。

ILEの側では、LIIの弱腰と従順性、理由の有無にかかわらず論争になることを嫌い、「風車」と戦うことを望まないことに苛立ち、失望を感じている。ILEは、LIIが自己主張したり論争することを躊躇することを特に心配している。ILEの規範的な感覚は弱すぎて、他者の権利と利益の保護に絶えず支援を与えることはできない。そのためILEには、このタイプの補償が可能な感覚型のパートナーが必要である。ILEは、抑圧され、不当に扱われたすべての人々の擁護者を「演じる」ことができる。この戦士のような熱意は、怒りや混沌とした活動の短い爆発で発生する可能性があるが、他者の利益を継続的に保護することは能力の範疇ではない。したがって、いつか「鏡像」パートナーはILEがこう言うのを聞くだろう。「あなたの利益を自分で守ってください。私はこれに関与しません」。これによってILEは、双対ESEによる精力的で骨の折れるサポートを消費するLIIを失望させる。

超イドレベル:チャンネル5-6

「鏡像」関係におけるほとんどの不快感は、両方のパートナーの弱い無意識の機能に対するサポートの欠如から生じる。それぞれは、これらの側面に関する強化とガイダンスを必要とするが、どちらもパートナーからこれほど必要な情報を受け取らない。

ILEは、最大限に注意を払った予防的配慮と、この上なく優れた快適さに囲まれている時にのみ愛されていると感じる。ILEが「鏡像」パートナーからそのような世話を受けないことは明らかである。LIIは、自身がこの種の注意を必要としていることを感じている。LIIがそのような支援を受けない場合、苛々して他者に不平を言い、非難し始め、鈍く不活性になる。勿論、そのような状態では、パートナーにいかなる支援も提供することができない。

愛されておらず、世話もされていないという感覚は、ILEに失望という影響を及ぼす。愛されていないと感じると、ILEは感情的に苛々して、喧嘩やスキャンダルでパートナーを挑発しようとする上に、様々な感情的動揺を手配する。これは、感情倫理の側面で暗示されるLIIにとって非常に苦痛な経験になる。LIIは最終的に、ILEのパートナーを、怒りっぽく、意地悪で、神経過敏な人と見なすようになり、そのような関係に当惑し、落胆するだろう。この結果、LIIは撤退して、パートナーのことを全く気にかけなくなる可能性がある(「あなたが私に関わるように、私はあなたに関わる」)。これはILEをさらに苛立たせ、怒りの新たな発生を呼び起こす。

イドレベル:チャンネル7-8

行動の論理の観察機能の観点から、LIIは実用的なビジネス能力を誇示するためのILEのあらゆる試みを、批判的に認識する。LIIが自分自身を謙虚な「コンサルタント」と見なす場合、ILEは自分自身を「あらゆる取引の名手」と宣言する。

時間の直感の面でも同じことが起こる。ILEが気取らない観察者の役割を果たすと、LIIは歴史的出来事の積極的な創造者になり、ILEの意見では、LIIは常に間違った場所に間違った状況において「現れる」。このような評価は、各パートナーが独自の「危機的な時」と独自の基準点を持つために下される。彼らのどちらが正しいか–歴史だけが教えてくれる。


出典:

http://www.wikisocion.net/en/index.php?title=Mirror_Relations_INTj_and_ENTp_by_Stratiyevskaya

コメント

このブログの人気の投稿

MBTI:タイプの関係

日本では何故かソシオニクスしかタイプの関係を扱っていないことになっている(?)が、MBTIでもタイプの関係については言及されている。「タイプの関係(相性)」は誰でも思いつくテーマなので当然だが、MBTIの関係論については、あまり有名ではない。理論的にはそこまで緻密なものではないが、参考までに紹介する(メインで取り上げるカーシーについては この記事 を参照)。 初期のカーシーは、真逆のタイプ同士の相性が最も優れていると考えていた。人は自分にないものに惹かれる。つまり、INTPとESFJが互いに惹きつけ合う。ただ、その後の観察から、カーシーは考えを変えたらしい。多くの結婚生活を観察した結果、SJとSP、NFとNTの組み合わせが最も多いことがわかった。どちらの組み合わせも、コミュニケーションの好みは一致している一方、目標を達成する手段は異なる。例えば、SJとSPは共に具体的な対象について話すことを好むが、SJは協調して行動するのに対し、SPは実利を重視して行動する。逆の組み合わせ(SJとNF、SPとNT)では、この関係性は成立しない。このため、SとNの違いが重要とされる。 実はタイプの関係については、マイヤーズも言及している。375組の夫婦を調査したところ、夫婦の77%は二つ以上の指標が一致していた。特にSN指標が一致していることが、タイプを問わず重要だという。マイヤーズは異なるタイプ間の違いを理解するためにMBTIを作ったが、実際は自分に近いタイプを好むらしい。ユングによれば、人のシャドウによる行動は、その人物の行動と見なすべきではない。シャドウを額面通りに受け取らないことが、結婚生活を上手く送る秘訣になる。 話をカーシーに戻すと、彼の理論ではSN以外の指標が逆のカップルに、最も互換性がある。つまり、 ESTP x ISFJ 、 ESFP x I STJ 、 ESFJ x I STP 、 ESTJ x ISFP 、 ENTP x INFJ 、 ENFP x INTJ 、 ENFJ x INTP 、 ENTJ x INFP がベストカップルになる。以下に各々の気質ごとの関係性をまとめた。 <SP:職人> SPは異性と真剣な関係になりにくい。衝動的に人々に惹きつけられ、新たな関係を結ぶ。他の気質よりも外見に気を遣い、性的な経験にも積極的である。抽象的な刺激には心を動かさない

はじめに:ソシオニクス概要

ソシオニクスとは簡単に言うとMBTIの進化版の理論です。 詳細は以下のWikiに記述されているので省略しますが、ユングの類型論、フロイトの構造論、ケピンスキーの情報代謝理論を基にAushura Augustaが創立したものです。タイプ同士の関係性、クアドラ、複数のモデルなどMBTIにない概念を取り入れ、より複雑な様相を呈しています。 Wikipedia:ソシオニクス 一般的にソシオニクスタイプは 「MBTIの4文字目を小文字+内向型のpjを反転」という形式で表記されますが、この形式はMBTIとの混同を招くため、このブログでは必要がない限り3文字表記とします。 ・表記ルール:主機能-補助機能-外向(内向)の頭文字 ・例: LII = L ogic- I ntuitive- I ntrovert(論理・直観・内向) ESTj→LSE:シュティエリッツ ENTj→LIE:ジャック・ロンドン ESFj→ESE:ユーゴー ENFj→EIE:ハムレット ESTp→SLE:ジューコフ ESFp→SEE:ナポレオン ENTp→ILE:ドン・キホーテ ENFp→IEE:ハクスリー ISTp→SLI:ギャバン INTp→ILI:バルザック ISFp→SEI:デュマ INFp→IEI:エセーニン ISTj→LSI:マクシム・ゴーリキー ISFj→ESI:ドライサー INTj→LII:ロベスピエール INFj→EII:ドストエフスキー 冒頭でMBTIの進化版と説明しましたが、ソシオニクスとMBTIは別物です。INTPはLII(INTj)ではありません。 様々な観点から単純にMBTIと対応するタイプになるとは考えにくく、しかし多くの人が自身のMBTIタイプをもとにソシオニクスのタイプを自認していると思われます。それらの方々には、先入観を排してこのブログをお読みいただきたいと思います。 ※重要※ ソシオニクスを運用するためには、専門の資格が必要です。現時点で日本に公式は存在しないため、ロシアの専門機関で学び資格を取得する必要があります。運用する条件は以下のようになっています。 ・専門機関で理論を学習し、資格を取得する。 ・専門家の下で診断の実践を積んでいる。 ・独立して診断を実施し、その条件・結果を文書化して公開する

クアドラの特徴

アルファ 最初のクアドラ、またはアルファ・クアドラは、ILE、SEI、LII、ESEの4つのソシオタイプで構成される。外界に対する知覚は、独特の軽快さ、開放性、機動性を特徴とする。彼らはどこからでも新鮮で興味深い情報を得ることを期待しており、常に様々な方向に駆り立てられる。彼らは肩の力を抜いたコミュニケーションを好む、とても愉快な人々である。生来の民主主義者であり、硬直や過剰規制を拒否する。これらのタイプは、完全に一つ所に留まることは殆どなく、人間的な活動のどんな分野にも簡単に移動できる。狭い専門領域の特化は彼らの仕事ではない。継続的な研究の最中には、新たな旋風の中心-将来の嵐の発生源になることがある。しかし、この嵐を広げるのは彼ら自身ではない。一見して最も「荒々しく」見えるのはLIIだが、実際の生活では柔和で迎合的な人物であり、公正な国家プロジェクトに取り組むことを夢見ている。 また、アルファ・クアドラには、その価値観と合致する社会的使命がある。その目的は、社会の発展に関する新たな概念の創造と普及である。手短に言うと、それは啓発と呼ばれることもある。このようなタイプが集まる場所では、新しい社会的、科学的、政治的な流行が常に発生して拡散され、将来的に歴史の流れを変えることがある。 アルファ・クアドラの代表が生きる心理的な「年齢」は、子供時代である。どのタイプも子供のような感性を持って行動することが多い-誠実、直接的で好奇心旺盛である。彼らはあらゆるものに疑問を抱くことができる。彼らの懐疑は最小限である。これらの「子供っぽい」習性は、生涯にわたって維持される。彼らの新しい視点への飽くなき渇望と、先入観のない単純な世界観から、この発展段階を年周期の最初の季節である春と比較することができる。春には新しい生命エネルギーが目覚め、誰もにこれを知らせる。春は希望と野心的な計画の時期であり、予定とは全く異なる形で実現する。 グループの行動 感情、感覚、知的な側面において、快適で楽しいグループの雰囲気を志向する。理想的なアルファグループの状況は、美味しい飲食を楽しみながら、想像力豊かなアイデア、映画、またはスポーツについて話し合い、気楽にジョークを交わすことである。個人的な体験の言述は大抵、冗談の形を取る。愉快な個人的経験が、「深刻」な経験よりも好まれる。地味で具